ウールカバーがぱっつんぱっつんだった毛刈り前の姿と、ウールカバーだぼだぼの毛刈り

​ひつじカバーの開発​

​すべてはスピナーのために

”どうしてひつじさんは服着てるの?”

日本ではあまり馴染みのない光景ですよね。

ひつじさんに服を着せた羊毛は カバードウール と呼ばれていて、

スピナー(紡ぎ手さん)にとって、希少価値の高い特別なウールになるんです。

当初は海外からカバーを取り寄せて、試行錯誤を繰り返していたのですが、なかなかこのカバーを仕入れるのも大変でして、

今着せたいんだけど!って時に手に入らないんです...

誰か日本で作ってないかな~と思ったのですが,

ご存じですか?

国産羊毛って市場に出回っていないんですよね。

皆さんが着ているウールは、ほとんどが輸入ウールです。

なので、日本でカバーを作る理由がないんです。

じゃあ自分たちで作りますか~

となる訳で、

国産ひつじカバー​ 開発しております。

​国産ひつじカバー

​made in 尾州 ウールのまち一宮より

たまたまなんですけどね。

おとなりに ウールのまち があるんです。

尾州が。あの世界の尾州が。

ご縁あって、ひつじカバーを作って頂けることになりまして、

どんなカバーが良いかな~ と一緒になって考えて頂いております。

生地も一流、縫製技術も一流、

ウールのプロが、羊のために仕上げた服。

なんと贅沢なカバーでしょうか。

結構ね、

海外のカバーは安くて薄くて使い捨て感があるんですよ。

半年使ったらもうボロボロ。

環境にもよると思いますが、そんな感じでした。

しかも、ひつじって意外とパワーが強いんです。

足がカバーに引っかかると、

そのままビリリと生地が裂けるなんてしょっちゅうです。

翌朝行くと、

真っ二つに裂けたカバーが広場に落ちていて、

「見てみてー!」と

汚れた羊毛を自慢気に見せびらかしてくるひつじたち。

お決まりのパターンです。

私は ひつじカバーを制作していく上で、

1年通して着せ続けられる丈夫さを求めています

素材はポリエステル。

結構丈夫な生地で、穴が開いてもそこから裂けにくい生地です。

汚れにも強く、

カバーに付いた汚れは水洗いすれば簡単に落ちます。

ひつじの脂もこってりと付きますが、お湯で洗えば簡単に落ちます。

まだまだ改良途中ですが

ひとまず今はこんな感じです。

写真 2020-06-15 16 51 02.jpg
今日は良いお天気🙌🏻🌞
午前中は怒涛の忙しさでしたが🙄お昼からは落ち着い

​Q:ひつじに負担はないの?

アニマルウェルフェアの世界へ

服が木の枝に引っかかって 動けなくなることもあります。

服が脱げて足に絡まり、助けてー!って鳴き叫ぶ時もあります。

どうしても毎日のケアは欠かせません。

特に毛が短い時期は、カバーが緩いので脱げやすいです。​

その都度、​カバーのサイズを微調整する必要があります。

​アニマルウェルフェア (Animal Welfare)って言葉、ご存知ですか?

狭い畜舎に押し込んで、エサと水だけを与えるような飼育方法では、

動物たちに大きなストレスを与えてしまいます。

それじゃあダメだよね。

動物を飼育する目的は人それぞれだけど、目的を果たすまでの間は、

可能な限りストレスを与えないように管理しようね。

という意味の言葉です。

日本では「動物福祉」と訳されたりしています。

このアニマルウェルフェアを意識した上で、

私はひつじたちにカバーを着せています。

素材や形なども、ひつじに負担がないように。

脱げないように締め付け過ぎると、逆に動きにくくなっちゃうから、

出来るだけふわっと着せて~、でも緩み過ぎないように微調整を...

なので、どうしても毎日のケアは欠かせません。

カバーを着せてそのまんま~ という簡単なお話ではないのです。

ひつじに負担があるかないかと聞かれたら、

私はゼロではないと答えますが、

ゼロに向けて取り組み続けております。

​Q:夏に着せてて暑くないの?

そこは私も 非常に気にしております。

35度以上の炎天下の時に 何度も計測した結果です↓

【カバーなし】

羊毛 表面温度 50度以上

羊毛 内部温度 平均42度

​ひつじの体温 平均39.7

 

【カバーあり】

カバーの表面温度 平均45度

​カバー内部 羊毛 表面温度 平均42度

カバー内部 羊毛 内部温度 平均40度

​ひつじの体温 平均39.8度

だいたい こんな感じでした。

さすが天然の断熱素材ですね。外の熱は通しません。​

行動に関しても、

カバーなしのひつじが 日陰で休んでいる時も、

カバーありのひつじは 日向で草を食んでいることがあります。

以上の結果から、私はカバーありとなしとでは、

羊が感じる体感温度に あまり差はないのではないか

と考えています。

#ひつじ #ひつじの里 #今朝の風景.jpg
はむはむもぐもぐ
#ひつじの里 #仔羊 #きびちゃん #関市 #ふれあい.jpg

​Q:カバーは販売していますか?

在庫があれば販売いたします。

足りない場合は 受注生産いたしますので

必要な枚数をお知らせ下さい。

お届けまでに 時間が掛かります。​お早めにご相談下さい。

​※来年必要な枚数を発注するくらいの気持ちで。

サイズは S M L 御座います。

ひつじの成長は早いですし、毛量でかなりの差が出ます。

年齢と体重を教えて下さい。

だいたいの目安で 必要なサイズをお答えします。

値段は日々改良を繰り返してますので、

その都度変動します。

サイズにもよりますが、

だいたい 1着2,000円~4,000円あたりです。

お問い合わせは、LINE@からお願いします。

写真とか付けて説明しやすいので便利なんです。

よろしくお願いいたします。

© ひつじ工房Quill

all rights reserved